Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

FILMS

William Basinski“disintegration loop 1.1”

 

そういえば、一昨日は9.11でしたね。

あれから9年。

まだ、職場にインターネットのインフラが充実してなく、

ラジカセでCDをかけながら残業してだ時代。

営業で帰ってきた先輩が、「NYでビルに飛行機が突っ込んだらしい。。。」って教えてくれて、

何が起きているのかも判らず、とにかくみんなでTVを眺めてましたね。


今でも、あのときの恐ろしさを忘れません。

今ではすっかり2児の親になりましたが。。。

ただただ平和な世の中であって欲しいと思うばかりです。


さて、このDVDは、映像家“ウィリアム・バシンスキー”という人が

ビルが崩壊し始めてから日没までの光景を自宅から(かなり遠景ですが。。)

定点カメラで収めた作品です。


悲惨な事件の光景を、美しい映像で収めているという・・・・

なんともアイロニックというか、逆説的な怖さを感じさせる作品です。

良かったら、こちらでサンプル見れます。
 


  • 2010.09.13 Monday
  • 03:05

FILMS

空気人形

 

まもなく、world's end girlfriendの新譜が発売になりますね

2007年の「Hurtbreak Wonderland 」が余りにも素晴らしかったので、

久々の新譜にも期待なのですが、

その間にリリースされていたのが、映画「空気人形」サントラ


事実上、World's end〜の新作のようなものだったので、

サントラだけは持っていたのですが、

映画に関しては全く興味が無くてパス。

見る予定が全く無かったのですが、

AmazonでDVDのレビューを見てたら「空気人形=ダッチワイフ」で、

しかも板尾さんが出演しているということに気付き、

“コメディー”、しかも“エロい”作品なのだと勘違いし、速攻レンタル、見てみました


まあ、内容は・・・・ 

「人形が命を持つという事により、“生”の意味を考える」

と言ったことなのだと思いますが、

正直、仕事で疲れた体にはツライっすね

大学生くらいの頃に見ていたら、色々と考えたりしちゃうんでしょうけど、

今はねぇ。


やっぱり、何にも考えないようなアホな作品の方がフィットするというか

まあ、久々に“映画作品を見た!”ということは良かったのですが、

当面は映画はパスですね
  • 2010.09.01 Wednesday
  • 01:32

FILMS

NARA:奈良美智との旅の記録

 
大学生の4年間を青森県の弘前市で過ごしました。

要は受験に失敗したわけなのですが、

東京での生活しか考えていなかった自分にとってはかなりのショックな出来事で、

正直なところ、「自分のキャリア・プランは終わったな」と感じてたわけです。



生まれて始めての1人暮らし。

友達が誰一人いない中での新生活のスタート。

4月だというのに暖房が無ければ生活できない寒さ。

とにかく厳しかったですね。



でも、その後、同じような境遇を持った大切な仲間を持ち、

豊かな自然に囲まれ、

楽しい酒を飲み、

好きな子と一緒に生活し。。。



人生の中で最も多感な時期を、この場所で過ごせて本当に良かったなと、

10年以上経った今、つくづく思うわけです。



ということで、“青森”や“弘前”に関連するものに

異常に親近感/共感を覚えるのですが、

この「奈良美智」さんも弘前市出身!
(でも、知ったのは大学出てから5年後ぐらい後ですが。。)


で、この作品は彼が故郷の弘前で大規模な展覧会

「A to Z」を開くまでの道のりを収めたロード・ムービー。


作品を造り上げていくアトリエでの貴重な映像や、

自分を客観的に捕らえながら自分の美術感を話す姿、

彼の作品によって新たな価値観を見出した人との出会い、

そして、悪ふざけしながらも完成に向かって懸命に制作を進めていく

仲間達との心温まるやりとり。。

などなど。


とにかく描かれている人達が非常に魅力的で、

見終わった後、ものすごく温かくなる作品でした!
(普段は時間がもったいなくて、映画とかDVDって嫌いなのですが、
この作品は特典映像も含めフルで見ました!)

彼の作品が好きな方には、ぜひ見ていただきたい作品です!

2008年:東北新社 TBD-1148










  • 2009.11.06 Friday
  • 01:42

FILMS

ALL TOMORROW'S PARTIES

 
12月にBEAT RECORDSからリリースされる

「ALL TOMORROW'S PARTIES」の先行試写会に行って来ました


制作はWarp Films!

ということで悪い作品なハズがない


過去に出演したアーティストのインタビューや圧巻のライブ映像、

そして、そこに集うアーティストとファンのバカ騒ぎの模様を通じ、

フェスの、そして音楽の楽しさを改めて教えてくれる作品でした。


いくつか知らないアーティストもいましたが、

強烈なパフォーマンスだったりキャラクターだったり。

で、そういったPOPな画を並べながら、

さらっと音楽、そしてROCKの本質を説明してるんですね。

まったく押し付けがましくなく

とにかく映像/構成の素晴らしさに惹きこまれました


普通のフェスのライブDVDではないので、

ライブ映像を期待されると困りますが、

本当に音楽の好きな人に、絶対見て欲しい作品ですね

それにしても、

BATTLES、Dirty Three、Boredoms、Sonic Youth、Akron/Family・・・

圧巻でした

  • 2009.10.16 Friday
  • 03:09

1