Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

J-ROCK

裸のラリーズ

 

会社で先輩が貸してくれた1枚。


裸のラリーズ「MIZUTANI」。



初のラリーズ体験で、しかも一気に3作品(計5枚)を貸して頂いたので、


まだちゃんと聴いてはいないのですが、


とりあえずこのサイケ感覚は・・・聴いているだけで気が遠くに行ってしまいそうでした。。。




やっぱスゴイ。





ちなみにこのCDはオリジナル盤ということで、5万前後のプレミアが付いてるそうです。。。



やっぱスゴイ。
  • 2011.11.15 Tuesday
  • 02:42

J-ROCK

ゆらゆら帝国:Are You Ra?

 

ついに、坂本慎太郎ソロがリリースされますね。


全編通じてアコースティックでフォーキーなのには驚かされましたが、


やはり震災が制作に与えた影響って大きいんでしょうね。




さて、そんな坂本さんが「ゆらゆら帝国」時代にキャプテントリップから

リリースしていた「Are You Ra?」




実はこのアルバム。


既にプレスが止まってて、残るは市場に出ている分だけらしいんですね。



理由は・・・「坂本さんが気に入ってないから・・・」だとか



レーベルに近い人から聞いたので、本当なんだと思いますが、


既に取り扱い終了になっているサイトも出始め、


Amazonでは4,000円オーバーと、プレミア付き始めてます



と言うことで私も速攻で購入しましたが、


ご購入を予定されている方はお早目に



  • 2011.11.01 Tuesday
  • 02:41

J-ROCK

The Mirraz : We Are The Fuck’n World

 

今日、ミイラズのメンバーに会いました


ちょうど、今日発売になったばかりの


ニュー・アルバム「We Are The Fuck’n World」のプロモのために、


うちの会社にも寄ってくれたのですが、


4人ともステージで見るよりデカくて、ちょっと驚きましたね




今の日本のロックシーンにおける彼ら(というより畠山さん)の特異なスタンスについては


“SNOOZER”誌の最新号を読んで頂ければ解ると思うのですが、


個人的にこのバンドがスゴイと思うのは、

やはり畠山さんの詞/フローの天才的なセンスですね




例えばニュー・アルバムの中の「We Are The Fuck’n World」。


曲の内容としては「君と一緒ならファミレスだって最高!」と言うような


スタンダードな歌の世界観なのですが、


それを「マクドナルド、サイゼ、ミスド、ガスト、スタバ・・・」と企業名を羅列し


サビとして繰り返し歌っていたり、


「正式にはフランケンとうのは博士の名前である」という曲では、


“(嫉妬+記号化するデート−愛情)=”なんて突拍子も無い歌詞を、


いとも簡単にメロディーに乗っけて歌ってしまっている(ように聴こえる)ところだったり


やっぱスゴイですね


ちなみに、色々と会話をしている中で、絶えず“言葉遊び”をしていたのが印象的でしたね。


何故か「日本マドンナ」のネタで盛り上がっているときでも、


ボソっと「日本ドマンナ・・・」とか言ってみたり


多分、日常的に色々な語感や語呂を楽しんでるんでしょうね


ロックシーンの“ねずっち”にこれからも期待です
  • 2011.01.20 Thursday
  • 01:58

J-ROCK

オナニーマシーン/サンボマスター:放課後の性春

 
今日、20円だったので思わず買ってしまった1枚。
 
 
サンボマスターのことを初めて知ったのがこのCD。
 

もう7年も前の話になりますが、
 
メーカーさんの新譜試聴会のときに
 
サンボの「美しき人間の日々」が1コーラスくらい流れたんですね

 
と言うのも、当時サンボはオフィシャルの音源をリリースする前の新人で、
 
オナマシの方が100倍くらい有名だったんですね
 
 
なんで、メーカーさんもオナマシ押しだったので、
 
オナマシのことは一生懸命説明してくれるのですが、
 
サンボに関しては「一緒に入っているサンボマスターってバンドはこんな感じです!」って程度で
 
 
 
まあ、しょうがないことではありますが

“何か凄いバンドが出てきたなぁーっ”と思ったものです。
 
 
 
さて、改めて今回収録されている5曲を聴くと、

やっぱりメロディーセンスとかズバ抜けて良いですね
 
演奏とか雰囲気も、とてもデビューしたてのバンドとは思えないほどのクオリティで、
 
7年経った今聴いてもスゴク良い


 
正直、ガガガSPみたいな“青春”だったり“暑苦しい”雰囲気のバンドって苦手なので、
 
アレンジとかは好みでは無いのですが、
 
やっぱメロとストレートな歌詞、そして歌心たっぷりなヴォーカルは最高


どんどん枯れていってもらい、もっともっと良いバンドになって欲しいですね
  • 2010.10.24 Sunday
  • 00:23

J-ROCK

Fed Music : I Fed New Shit


 
riddim saunterとかって最近どーなんでしょう
 

一昔前は大好きだったんで、結構チェックしてたのですが、
 
そのときは凄かったですね
 
KitsuneとかModularとか、モロに海外のシーンとリンクしてる感じで。
 
自分達のライブ会場ではブートのMIX CD配ってたりして。
 
ロックバンドとクラブシーンが直結した本当に良い例でしたね
 
 
さて、そんなriddimのレーベルメイトのFedmisicがオフィシャルHPで新曲を発表しました。
 
 
で、この曲が面白いんですよ
 
「フリーだから、ガンガンみんなに送って!」とか、
 
「音楽業界の人も音源を送りあってるよ」とか、
 
凄く今の音楽シーンをシニカルに描いてる歌で
 

アーティストが自らこんなメッセージを発信してるのには驚きですが、
 
彼らがDisk Unionの中のレーベル(Niw Records)に所属しているということもビックリですねぇ。
 
 
やっぱり、riddim周辺からは、まだまだ目が離せなそうです
 
 
  • 2010.06.15 Tuesday
  • 02:52

J-ROCK

曽我部恵一 : LIVE LOVE

 
この人の多作ぶりにはビックリですね
 

つい先日、サニーデイの新譜で驚かされたばっかりなのに、
 
なんと、同日発売でソロのアコースティック・ライブ盤をCD+DVDでリリース
 

しかもこのライブ。
 
2/9・2/10に行われたばかりのライブで、
 
オフィシャル・サイトでは、2/26から先行販売するとのことで
 

もう完全に配信感覚でフィジカルなものをリリースしてる感じですね
 
 

収録楽曲もサニーデイ、ソロ、ランデヴー・バンド・・・などの楽曲をやっており、
 
まさにキャリアベストに近い選曲
 

サニーデイしか知らない人、
 
そして、ソカバンで曽我部さんを知った新しいファンの方にもオススメの1枚です
 
 

さてさて、そのサニーデイ。
 
実は、音を聴かせて頂きました
 
今週、ROSEさんとお話させて頂きまして。
 
で、もう20回以上は聞いたでしょうか
 

正直、この作品に関しては冷静に判断できないのですが、
 
もう、ノスタルジー大爆発
 

まさに“サニーデイにやって欲しかった音をやってくれている”ので、
 
とにかく大満足の1枚ですね
 

まあ、“サニーデイらしさ”とか、“サニーデイと曽我部さんのソロの違い”って
 
うまく説明できないのですが、
 
でもやっぱり、今作はどう聴いても、サニーデイ・サービスの新作なんですよね。
 
凄いです
 

ちなみにスペシャル・サイトでのロング・インタビューも更新されてましたので、
 
こちらもぜひ
  • 2010.02.20 Saturday
  • 03:38

J-ROCK

サニーデイ・サービス : 本日は晴天なり


 
遂に復活アルバムのリリースが発表になりましたね
 
最後のオリジナル・アルバムからもう10年。
 
そしてデビュー作「若者たち」からジャスト15年
 
 
もう15年かぁ
 
「若者たち」を買ったのは大学生のとき。
 
暇つぶしに立ち寄った新星堂の試聴機で聴いて。
 
もうブッ飛びましたね

 
当時って洋楽しか聴いてなくて、
 
どこかでJ-POPをバカにしていた部分があったのですが、
 
”ですます調”の優しい言葉や歌声だったり、
 
初めて聴いたのにスゲー懐かしい感じのメロディーだったり。
 
チープな表現ですが、まさに“胸がキュン”とする感じ
 
 
大学生で、毎日酒の飲み歩いて、サークルで遊んで、週に3回くらいは合コンして。
 
でも彼女はなかなか出来なくて
 
 
心の隙間というか、物足りない感覚を「若者たち」が埋めてくれたんですんね。
 
だから、サニーデイは“青春”の一部なんです

 
 
さて、そんなサニーデイ・サービスが4/21に戻ってきます。
 
実は数週前にリリースの話を聞いて、で、告知解禁を待っていたのですが、
 
もうずっと興奮しっぱなしです
 
 
オフィシャル・サイトには3人のインタビューが載っているのですが、
 
彼らはスーパーバンドとして復活しようとしているわけではなく、
 
もう一度、当時の青春をやろうとしてるんですね
 
 
そう

みんなが求めているのは、まさにそうなんですよね
 
 
あと2ヶ月。早く聞きたいなぁ
 
 
 
 
 
 
  • 2010.02.13 Saturday
  • 02:41