Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Archives

Recent Entries

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.03 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

MUSIC

HMV渋谷


4日の月曜日ですがHMV渋谷店に行ってきました!!


「アナログ在庫がなんと8万点!!」・・・とか、

「買い付けのためにアメリカに1ヶ月半ぐらい行っている」・・・とか、

「MUROさんのコレクションが放出された!!」・・・とか

「HMV本部の中枢達が運営に関わっている!!」・・・とか。


とにかく本気度満載な色々な噂が流れていましたが、

正直な感想としては・・・・まあまあ・・・と言った感じでしょうか。



確かに在庫はありましたが3,000円くらいの金額のものが多く、正直安いとは思えませんでし、

中古CDも、別に良いものが揃っているわけではなく、値段も高い。

イメージとしては、昔のDMRがヴァージョン・アップした!って感じですかね。



今回のHMVのオープンに関しては、

マンハッタンレコードの人もタワーレコードの人も、

「非常にウェルカム!一緒に渋谷の音楽文化を盛り上げたい!」って言ってましたが、

ディスクユニオンの人は「中古市場への進出と言うことでモロに競合。絶対に負けられない!」と。


私が行ったのはオープン3日目なので良いものがゴッソリ抜かれていた可能性がありますが、

『中古店』と言うことでは、やはりディスク・ユニオンに軍配ですね。


これからに期待!!










 
  • 2014.08.07 Thursday
  • 19:27

生活

Disk Union 大宮店 OPEN



本日(昨日?)、Disk Union大宮店がオープンしましたね。

「CDが売れない!」とか「音楽パッケージ・ビジネスは終わった!」などと言われている中、

こうやってCD SHOPがオープンするのは嬉しいですね。
(そして、半月後には渋谷にHMVが戻ってくるし!!!)

なんとか盛り上がって欲しいものです。



さて。大宮店。

JR大宮駅から徒歩5分ぐらいでしょうか。

私がお店に付いたのは閉店30分前ぐらいですが、

お店には20人ぐらいのお客さんが居て。

で、みんなカゴ持ってお買い物してるんですよ。


10年前ぐらいの渋谷であれば、当たり前の光景なのかも知れませんが、

2014年。

カゴ持ってCD買うなんて、超レアですからね。


チラシには「在庫4万枚」って書いてありましたが、確かに棚はパンパン。

で、サクっと観た感じでは、オールド・ロックとソウルは結構充実していた感じですね。


残念ながら、“色別ディスカウント”などが無かったので、今回は何も買いませんでしたが・・

1ヶ月後ぐらいで、初めてセールが行われるタイミングが狙いでしょうか?

お近くの方はぜひ!!
 
  • 2014.07.17 Thursday
  • 03:15

LIFE

始まるもの。



遂に渋谷にHMVが復活しますね!


もうあれから3年ぐらいでしょうか??


なにやらウワサではバイヤーさんが海外でアナログを買い付けまくっているとか。
かなりの本気モードのようです。


終わりがあれば始まりがある。


お店は変われど、音楽魂が受け継がれていくのは嬉しいものですね。


 
  • 2014.06.20 Friday
  • 03:26

LIFE

終わるもの。


先月末でdmr。

リアル・ショップを閉店しましたね。

今度はオンラインだけとのことで。。

寂しいものです。

そして・・・
 
  • 2014.06.20 Friday
  • 03:20

LIVE

黒木渚@渋谷公会堂



日付替わったので一昨日(6/1)は黒木渚@渋谷公会堂でした。


実は彼女とはコンベンション会場で ご挨拶させて頂いたり、


プロモーションとして会社にお越し頂き、1曲披露して頂いたりして、


「ハートの強い人なんだなぁ〜」なんて思っていたのですが、


今回のライブも、まさにそんな感じでしたね。




あれだけのお客さんの前に出ても、全く動じる様子もなく・・・


「2年以内に武道館でLIVEしてみせる!!」とか平然と言ってましたし。


やっぱり「覚悟を決めた女の人」は凄いですね。



あと、彼女の凄いのは、ライブ後半になってもVo.とパフォーマンスが落ちないこと!!


アンコール含め全18曲のステージだったのですが、


終盤になっても1曲目と全く替わらないテンションで。



コレからが、ますます楽しみなアーティストですね。



ちなみに。

やっぱり「渋谷公会堂」って名前。良いですね。

命名権を買った会社さんには申し訳無いのですが、

“渋公”って響きは特別ですよ。

 
  • 2014.06.03 Tuesday
  • 02:22

LIFE

すれ違い美女



凄い映像作品ですねー。

DVD化されたら、ヴィレッジヴァンガードとかで売ってそう。


しかも、既にポストカード・セットが販売中と。。
http://surevi.saleshop.jp/items/417085
  • 2014.05.28 Wednesday
  • 02:59

MUSIC

Eno • Hyde iOS App



先日、会社の先輩からアナログの素晴らしさをレクチャーされました。


「アナログは良いよ〜」って。

やっぱり「A面」から「B面」にひっくり返す時の興奮とか、

「B面 1曲目の重要さ」とか。


確かに昔のアルバムは、“アナログをひっくり返す余韻”も考えて作られてたので、

「B面の1曲目から、またアルバムが始まる・・・と言うか。


最近のアルバムは、1曲目にキャッチーな新曲、2・3曲目にシングル曲を入れて、

試聴機映えするように作るケースが多いですね。

“どうせ試聴機で聞かれるのは、頭の3曲ぐらいでしょ!”って。

で、中盤がだれてしまうのを防ぐために、真ん中あたりに「タイアップ曲」みたいなのをサラっと入れておく・・・


実際に、私も洋楽曲のカバー曲MIXみたいな商品の選曲をするときには、

1曲目:テイラー・スウィフト「we are never ever getting together」

2曲目:ワン・ダイレクション「Story Of My Life」

3曲目」ダフト・パンク「Get Lucky」・・・みたいな感じで、とにかく「掴み」重視ですしね。

(今なら、「Let It Go」とファレルの「Happy」ですね!)



やっぱり良いなあ・・・レコードって。


でも、ちゃんと聞いてないCDがまだ4,000枚ぐらいありそうだしな・・・

無理っすね。。
 
  • 2014.05.25 Sunday
  • 13:50